個人情報保護方針                 PDF版のダウンロード

 一般財団法人匿名加工医療情報公正利用促進機構は、個人情報は個人の人格の象徴であり、人が個人として尊重されるためには個人情報の適正な取扱いが不可欠でありと考えます。
 また、本財団は1974年の設立以来、医療情報の利活用に関する研究開発に携わり、保健医療機関のプライバシーマークの審査機関として、医療におけるプライバシー保護に深い見識を持つ一般財団法人医療情報システム開発センターを母体として2018年6月15日に設立され、医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律に則り、データに基づく創薬、医療機器や医療健康サービス産業の推進を行い、健康長寿な社会に貢献できる認定匿名加工医療情報作成事業者として事業を実施します。
 当財団は今後のICT社会においては個人情報の保護は非常に重要な課題であり、個人情報を適切に管理することは社会的責務と考え、個人情報保護に関する方針を以下のとおり定め、役員、職員及び関係スタッフに周知徹底を図りこれまで以上に個人情報保護に努めます。

1.個人情報の取得・利用・提供

当財団は、個人情報を取得する場合には、事前に利用目的及び提供の有無を明確にし、本人の同意を得た上で、目的の範囲内において適切に利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。

2.個人情報に関する法令・規範の遵守

当財団は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。 また、そのために必要なJISQ15001:2017 に準拠した内部規定を整備して財団内に周知徹底させるとともに、役員及び職員を教育し、適切に監督します。

3.個人情報の安全対策(漏えい、滅失又はき損の防止及び是正)

当財団は、当財団が取り扱う個人情報の漏えい、滅失又はき損などに関する万全の予防措置を講ずることにより、個人情報の安全性・正確性の確保を図り、万一の問題発生時には速やかな是正対策を実施します。

4.苦情及び相談への対応について

当財団は、個人情報の取扱い及び個人情報保護マネジメントシステムに関する苦情及び相談を受付けて、適切、かつ、迅速な対応を行います。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

当財団は、個人情報保護体制を適切に維持するため、個人情報保護マネジメントシステムを継続的に見直し、改善して行きます。

平成 30年 6月 15日 制定 

               一般財団法人匿名加工医療情報公正利用促進機構 代表理事(理事長) 山本 隆一
                           苦情・相談受付窓口 事務局(事務局長) 神山 卓也

             TEL: 03-3267-1923  E-mail: query@fast-hdj.org